日常で人をトランスに入れる方法

この記事は4分で読めます

催眠術,トランス

こんにちは、
ヒプノメンタリストのSHivAです。

 

日常生活で催眠術を使い、

人を自分の思い通りに動かすためには
小手先のテクニックを一つ一つ覚えるより
催眠術にかかるその「本質」を
理解することがなによりも近道です。

 

その本質について
以前こちらの記事で簡単に解説しましたが
>>催眠術の3つの本質はこちら

 

今回は2つ目の本質である
「相手をトランス状態に導く方法」
を、詳しく解説していきたいと思います。
催眠術においては、例えば、

 

「あなたは私のことが好きになります」

 

という指示を術師が唱えれば、
本当にそのとおりになりますが、

 

そのとき、催眠術をかけられている人が
どういう心理状態になっているかというと

 

「あ、そうなんだ、好きなんだ・・・」

 

と、術師の言葉を、抵抗なく、
素直に受け入れているわけです。

 

そう、「抵抗」がなくなっている
(弱まっている)わけです。

 

心理的な抵抗を発生させるのは、
人間の「理性」の部分です。

 

人は、冷静に、そして、
理性的に物事を考えることで、
自分の本来の価値観を維持しようとします

 

しかし、その理性が弱まってしまえば、
本来受け入れがたい価値観のものでも
フワッとついつい受け入れてしまいやすい状態になってしまうわけです。

 

 

催眠術では、
その理性が弱まっている状態を、

 

催眠状態」と呼んだり、
トランス状態」、または、
変性意識状態」と呼んだりします。

 

言葉を変えれば、

「錯覚を起こしやすい状態」
とも言うことができるでしょう。

 

「言われてみればそうなのかもなぁ。。」

こういうときってどういう状態でしょうか

 

本当にそうなのかどうなのか
冷静に検証する能力が失われていたり
考えるのも面倒だったり、
今はそれどころでなかったり、
そんな状態をイメージするとわかりやすいかもしれません。

 

それが真実かどうかを検証するためには
過去の記憶や、目の前のあらゆる情報に
あれこれ脳が多方面にアクセスし、
過去の価値観と照らし合わせて分析する必要があります。

 

意識があちらこちらに飛び交って、
情報を集めて処理している状態なのです。

 

 

しかしトランス状態というのは、
意識があちこちに飛ぶことはできません。

 

目の前の「一つの事象」にだけ意識
向いて(集中して)しまい、結果として、

何かと比較したり、
何かと何かを照らし合わせて検証したり

そういう冷静な判断ができない状態なのです。
理性が全くなくなることはありませんが、
これをどんどん弱めていくことで、
催眠術がかかりやすい状態に持っていく
というテクニックを術師はいつも考えながら実践しているわけです。

 

 

日常生活において(催眠ショー以外で)
こんなことができるのか、というと、

 

できます。

 

相手の理性がゴリゴリ働いている状態で
こちらが誘導指示しようとも、
相手の合理的な理性によって
大きな抵抗に会ってしまいます。

 

それを弱めた上で、
指示誘導を行うと、その効果は
2倍にも5倍にも10倍にもなりますから
このステップは強く意識するべきなのです

 

さらに、
理性を弱めるからといって、
罪悪感を感じる必要は全くありません。

 

なぜなら、人は毎日毎日、
意識せずとも、トランス状態に何度も何度も入っているからです。

 

つまり、暗示を受け入れやすい状態と
受け入れにくい理性的な状態が、
コロコロ変化し続けているわけです。

 

もちろん、トランス状態といっても
状態は様々で、こちらの誘導に適した
トランス状態かどうかはまた別です。

 

こちらの誘導に適したトランス状態を
作り上げることが最終目標ですが、
それはいったん置いておきますね。
では、

日常生活で相手の理性を奪う方法ですが、
(つまりトランス状態に入れる方法)

 

これは、催眠術のショーにおいて
術師が行っている催眠導入法の原理
しっかり理解することで
どんな場面でも応用できます。

 

原理を理解する、というのは、
ショー催眠のまんまの方法では
日常では絶対に使えないからです。

 

「この5円玉を見て・・・」

 

あたりまえですよね(笑)

 

催眠術師や催眠療法士が使う
催眠導入法(トランス導入法)は
たくさんあるのですが、

大きく次の二つに分別することができます

 

 

・人間の身体的特徴を利用する方法
・人間の感情的性質を利用する方法

 

 

催眠術師が行っている催眠導入法は
この2つのどちらかに大別されます。

 

次の記事にて、
これらについて詳しく解説しますが、

簡単にこの2つについて説明すると、

 

人間は、
身体がこうなると、自然と心もこうなる
といった身体的特徴がたくさんあります。

 

例えば眼球を固定すると
思考が一時的に停止しやすい、とか、
単調な連続的リズムを聞くと・・・など

 

これが、人間の身体的特徴を利用した
催眠導入法です。

 

次の感情的性質を利用する方法とは、
例えば、人は驚いたり、不安になったり、
ある感情が強く前にでると、
冷静沈着な判断がしづらくなると思います

簡単に言えばこういうことです。

 

これらを、その場その場に応じて、
催眠をかけるのに適したトランス状態
作り上げることが大切なのです。

 

 

次回は、いよいよ日常で実際に使える
具体的なトランス導入法について解説していきたいと思います。

>>日常トランス導入法その2はこちら

 

 

なんとなくわかった、とか、
わかりやすかった!とか、
もっといろいろ聞いてみたい、という方は
↓のSNSのシェアなどしてもらえれば^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 間接暗示,ミルトンエリクソン,催眠
  2. ラポール権威好意
  3. ラポール形成と影響力の武器
  4. 誘導,操る,コントロール
  5. 恋愛で催眠術、トランス
  6. 誘導説得マインドコントロール
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

催眠術

こんにちは、ヒプノメンタリスト/心理療法士の SHivAです

催眠術がヤラセではなく、れっきとした心理学に基づくものであることは皆さんも既によくご存じだと思います。


さらに、催眠術を会得することはとても簡単であることから、実際に催眠術をかけることができるようになった方も最近では少なくはないのではないでしょうか。

でも、「あなたは犬になる・・・」といった、いわゆる"ショー(SHOW)催眠術"ができるようになったとしても、その披露機会も少なくなって、という声をよく聞きます。

このサイトでは、催眠術の裏側にある『催眠の本質』を理解することで、催眠術を実際の日常生活に応用することで、あなたが本当に欲しいものを手に入れるための具体的な方法・考え方について紹介していきたいと思います。

【何もかも全て、予定通り】

そんな人生を一緒に手に入れましょう!

>>SHivAのプロフィールはこちら


心理学 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る