会話中に自分の感情をフラットにする方法

この記事は3分で読めます

感情のコントロール

『人を操るためには、なぜ自分をコントロールしなければいけないか』

で解説したとおり、

 

操作者の感情が不安定な状態であると、
思うような結果はついてきません。

 

ですが、私たちも人間ですし、
感情の生き物であることは変わりません。

 

そこで自分の『感情の揺れ』に察知したら
すぐに、それを整える必要があるのですが

その方法(のひとつ)について、
今回は紹介したいと思います。

 

 

では、相手を誘導している最中に
あなたの感情が揺れた
例えば『苛立った』とします。

 

まずは、その『苛立った』という自分に気づくことが先決ですが、
(意外とこの『気づくこと』が難しいのですが)

 

ではその苛立ちという感情の揺れをどうやって対処しましょうか。

 

それを考える前に、人間の感情の性質について理解するべきことがあります。

 

人間は、ある感情を意識的に否定しようとすればするほど、その感情は強まる

 

この法則です。つまり、

『苛立つのは良くない、今苛立ったら駄目だ、なんとか消さなきゃ』

 

こう思えば思うほど、苛立ちの感情はなくなるどころか強くさえなってしまいます。

 

かといって何も対処しなければ、
どんどん感情に流されて相手のペースに巻き込まれていくことにもなります。

 

そこで私が1つの方法として、おすすめするのが、

 

『身体と心の相関関係を利用する方法』
です。

 

こころ、つまり感情と身体の状態は、
強い強い相関関係があります。

 

例えば、

気持ちがとてもリラックスしているときに
身体の筋肉がガチガチということは、まずありえません。

 

怒りが込み上げているときに、
呼吸がゆっくりで、口がポカンと開いていることはありえません。

 

上の2つの例は
【感情→こころ】の関係を表していますが

実は、こころの身体の関係は、
逆もまた然り』ということです。

 

心がリラックスしているときに
全身の筋肉を硬直させ、肩をいからせ、
口をぎゅっと閉じて、表情を作っていると
最初のリラックスした気分はどんどんと消えていきます。

 

一度試してみてください。

今の心の状態とは明らかに違う身体的特徴をわざととってみてください。

 

感情が少しずつ流れていくのがわかると思います。

 

最初の例にもどります。

 

会話中に『苛立った自分』に気づいとき、
苛立っていない『穏やかな身体の状態』を意識的に作ってあげることです。

 

まずは、呼吸、(ゆっくり息を吐く)
そして、顔の表情(ゆるめて穏やかに)
さらに、姿勢、(力をぬいて)
身振りのスピードをゆっくり・・・

 

すぐに感情がついてこなくても大丈夫です
徐々に必ず感情もついてきます。

 

コツは2つあります。

 

ひとつは、
普段から落ち着いた自分の状態を観察して
ときどき練習しておくことです。

 

2つ目は、
あまりにも遠く正反対の感情の状態を演出しないようにすることです。

 

すごく苛立っている時に、すごく喜んでいる自分を身体で表現しようとしても、
さすがにこころはついてきません。
まずは少しフラットに、という感じがちょうどよいでしょう。

 

これを相手の目の前で行うときは、
いったん相手から視線をそらし、
今いる部屋や全体を5秒ほど見渡してみるとやりやすいと思います。

 

自分と相手との空間から一旦出てみる
身体の状態をリセットしやすいです。

 

気が付くと最初感じた『感情の揺れ』がなくなっていることに気づくでしょう。

 

以上、私が実践して効果がでている
自分の感情コントロール法の一つでした。

 

あなたに合うかどうかは別として、
『心の身体の相関関係の法則』は、
覚えておいてソンはないはずです!

 

 

なんとなくわかった、とか、
わかりやすかった!とか、
もっといろいろ聞いてみたい、という方は
↓のSNSのシェアなどしてもらえれば^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 感情,コントロール
  2. セルフコントロールと自己暗示
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

催眠術

こんにちは、ヒプノメンタリスト/心理療法士の SHivAです

催眠術がヤラセではなく、れっきとした心理学に基づくものであることは皆さんも既によくご存じだと思います。


さらに、催眠術を会得することはとても簡単であることから、実際に催眠術をかけることができるようになった方も最近では少なくはないのではないでしょうか。

でも、「あなたは犬になる・・・」といった、いわゆる"ショー(SHOW)催眠術"ができるようになったとしても、その披露機会も少なくなって、という声をよく聞きます。

このサイトでは、催眠術の裏側にある『催眠の本質』を理解することで、催眠術を実際の日常生活に応用することで、あなたが本当に欲しいものを手に入れるための具体的な方法・考え方について紹介していきたいと思います。

【何もかも全て、予定通り】

そんな人生を一緒に手に入れましょう!

>>SHivAのプロフィールはこちら


心理学 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る